まとめニューV

芸能、ニュース、美容・健康まとめブログ

    1: 2019/03/11(月) 06:10:13.45 ID:VHtplFMf9
    AbemaTV「ドラゴン堀江」(火曜・後11時)の企画で東大受験に挑戦していた実業家の堀江貴文氏(46)が10日、同番組の生放送スペシャルで不合格だったことを明らかにした。東大はこの日、前期日程の合格者3018人を発表。志願者は9483人だった。

     同番組は堀江氏が独自の“堀江メソッド”で、若手タレントをたった半年間で東大合格へと導く受験ドキュメンタリー。グラビアアイドルのわちみなみ(24)らとともに、堀江氏自身も東大受験に挑戦した。

     堀江氏とお笑いタレントのTAWASHI(31)がセンター試験を突破。文科1類の2次試験を終え、堀江氏は自信を見せていたが、残念な結果に。「受験系で落ちたのは初めて。数学をなめていた」と悔しさをにじませ、来年のリベンジにも含みをもたせていた。

     堀江氏は91年に東大文科3類に入学(中退)している。

    3/11(月) 6:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000027-sph-soci

    【【テレビ】<ホリエモン>東大受験に挑戦 生放送スペシャルで結果発表】の続きを読む

    1: 2019/03/11(月) 09:36:22.89 ID:oGvNDuek9
    10日に放送された菅田将暉(26)が主演する日本テレビ系連続ドラマ「3年A組-今から皆さん、人質です-」(日曜午後10時30分)の最終回視聴率が、15・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、今作最高値を更新すると同時に、15年4月から始まった日曜10時半の枠の最終回では最高値だったことが11日、分かった。これまでの同枠の最終回最高値は「デスノート」の14・1%だった。

    第1話は10・2%、第2話は10・6%、第3話は11・0%、第4話は9・3%、第5話は10・4%、第6話は11・7%、第7話は11・9%、第8話は12・0%、第9話は12・9%。全話平均は11・5%だった。

    最終回では、A組生徒の景山澪奈(上白石萌歌)が死亡する原因となった、意外な真犯人と真相が明かされた。現代社会に警鐘を鳴らす内容であると同時に、波紋も呼びそうな結末だったが、SNS上はおおむね好意的な反応だった。

    全話に渡った菅田の迫真の演技は、最終回も変わらなかった。10分以上にわたり、カメラへの主観目線で「それだよ、それ。そのお前の自覚のない悪意が、景山澪奈を殺したんだよ。つまんねえ生き方してんじゃねえぞ。見苦しいんだよ」などと、ド迫力のせりふ回しを展開。SNS上では、「心臓がぶっ壊れそう」「菅田将暉は本物」「冷めた世界への菅田将暉の本心なのでは」など、演技を絶賛する声が相次いだ。

    3/11(月) 9:32
    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-03110196-nksports-ent
    no title

    【【ドラマ視聴率】菅田将暉「3年A組」 15・4%最終回で最高値更新】の続きを読む

    1: 2019/03/11(月) 14:19:32.40 ID:UolSafUm9
    女優の吉岡里帆が出演している「綾鷹」の新CM「茶葉のあまみ」篇に対し、不条理なツッコミによってまたもや炎上騒ぎになっているという。

    髪を後ろでひとつに束ね、白いシャツ姿の吉岡は、清楚でおしとやかな雰囲気でお茶屋の店主を演じるCM。「甘みのお茶、初めてでしょ?」
    「茶葉の甘み、感じました?」「愉しみましょう」と、はんなりした京都弁はごく自然な雰囲気に思えるのだが…。

    「吉岡は京都市出身ですから、自然な感じの京都弁で話せるのも当然。彼女が綾鷹のCMに初登場したのが2017年3月。
    京都弁が大好評だったようで、今回もその流れで、京都弁を話す設定になったのでしょう」(エンタメ誌ライター)

    この京都弁が「いかにも男ウケしそうであざとい」という評価を受けてしまっているようなのだ。

    「京都弁は、博多弁と並んで『彼女が使っていると可愛い方言』とされています。
    すでに、男性からの支持が厚い吉岡が、京都弁まで繰り出してきたこと自体が一部の人にしてみれば“やりすぎだ!”と受け取られてしまっているとしか思えません。
    『京都弁がわざとらしいよ』『聞いててイライラしてくる』『口にする言葉とは真逆なことを心の中では考えていそう』など、痛烈な批判に発展してしまっているようです」(前出・エンタメ誌ライター)

    一方で、ネット上でも「吉岡さんの京都弁癒やされる」「こんな風に京都弁でもてなされたいよな」など、好反応の声も多く獲得している同CM。

    今回のCMだけでなく、ドラマなども含め吉岡は、脚本に沿って演じているにすぎない。
    制作側が求められ、それに応えたものを「あざとい」と批判されてしまうのは、いささか理不尽という気がしなくもない…。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16140800
    2019年3月11日 10時14分 アサジョ

    【【芸能】吉岡里帆、新CMに対し、不条理なツッコミによってまたもや炎上騒ぎ】の続きを読む

    このページのトップヘ