まとめニューV

芸能、ニュース、美容・健康まとめブログ

    2018年09月

    : 2018/09/29(土) 14:30:26.83 ID:CAP_USER9
    メジャー初の快挙となるシーズン20本塁打、10盗塁、10登板を達成
    エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地アスレチックス戦で「4番・DH」で22試合連続スタメン出場。
    3打数3安打2打点1盗塁の大活躍で今季4度目の猛打賞、23度目のマルチを記録した。
    さらにメジャー史上初の20本塁打、10盗塁、10登板の偉業も達成。チームは8-5で勝利した。

    大谷は2回先頭で迎えた第1打席で左前打を放ち4試合連続安打をマーク。
    さらに1死一、二塁からエンゼルスはダブルスチールを仕掛け、二走の大谷は三盗を決め今季10盗塁を記録した。
    その後、アルシアの遊ゴロの間に先制のホームを踏んだ。大谷はシーズン20本塁打、10盗塁、10登板を達成しメジャー史上初の快挙を成し遂げた。

    さらに3回の第2打席は初球を捉え打球速度111.5マイル(約179キロ)の強烈な右翼線二塁打を放ちに今季23度目のマルチ安打を記録。
    5回1死一、三塁で迎えた第3打席では右腕ダルと対戦しメジャー初の犠飛となる左犠飛で今季60打点目をマークした。

    7回1死一、三塁で迎えた第4打席は左腕キーケファーと対戦。
    三塁方向へのボテボテの当たりに快足を飛ばし投手へのタイムリー内野安打を放ち今季4度目の猛打賞を記録した。

    8回2死二、三塁の場面で田澤が4番手として登板。
    ロリアーノを三ゴロに仕留めたが味方のエラーで1点を失うと、続くセミエンには三塁線を破られる2点タイムリー二塁打を浴びた。

    大谷は4試合連続安打、今季23度目のマルチ、今季4度目の猛打賞をマークする3打数3安打2打点1盗塁の活躍で打率は.289に上昇。新人王に向けラストスパートをかけた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00215997-fullcount-base
    9/29(土) 14:25配信

    https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2018092913
    試合スコア

    https://full-count.jp/2018/09/29/post215796/2/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=215997_6
    鮮やかな流し打ちで4戦連続安打をマーク! 大谷翔平のバットが止まらない!

    【【MLB】大谷翔平、初犠飛含む3打数3安打2打点1盗塁! 4度目猛打賞&MLB初快挙で打率.289 22本 61打点 10盗塁 】の続きを読む

    : 2018/09/29(土) 14:16:41.12 ID:CAP_USER9
    3月に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)が終了したことを境に、石橋貴明の低迷が始まった。
    フジテレビの長年の功労者ということで、新番組「石橋貴明のたいむとんねる」を用意してもらったが、視聴率は低空飛行を続けている。イケイケで知られた石橋だが、
    最近はすっかり弱気モードで、面と向かって「面白くない!」と罵声を浴びせられても、言い返すことすらしなかったという。

    みなおかが終了したことがよほどショックだったのか、“イケイケの貴さん”というイメージの石橋はキャラまでもが大きく変わってしまったようだ。
    「最近の石橋は妙に弱気なのです。ネガティブなニュースに敏感になっており、“落ち目”とか書かれることを心から嫌がっています」(スポーツ紙デスク)

    何十年にも渡って関東のお笑い界のトップに位置したとんねるず、石橋だが、最近はポジティブな材料がまったくと言っていいほどない。
    みなおか打ち切りと交換条件に新たに始まったたいむとんねるは視聴率2~3%台で、早くも打ち切り説が囁かれている。

    一方で妻の鈴木保奈美は順調に仕事が舞い込んでおり、10月からは「SUITS/スーツ」(フジ)、「主婦カツ!」(NHK)と2本のドラマに出演する。
    SUITSでは織田裕二と「東京ラブストーリー」(フジ)以来、27年ぶりの共演となることが話題で、急きょ同ドラマの再放送が放送されたほどだ。
    芸能界に復帰してから上り調子の妻に対し、落ち目の夫…メディアで取り上げられることが多いこの対比にも拒否反応を示しており、
    「そういう記事を読んでは気が滅入ってしまうそうです」(前出関係者)

    少し前には石橋にとって屈辱的なことも起きていた。「業界関係者と飲んでいる時です。
    タカさんと同年代くらいの酔っ払った知人からお菓子を投げつけられた上に『面白くないんだよ!』と絡まれたのです。
    今までのタカさんだったら『うるせーんだよ!』と言い返すのは当然として、それこそ反撃してもおかしくなかったのですが、
    何も言わずにふくれっ面をするだけで、やり返すことなく会場を去りました。
    大人の対応と言えばそうですが、あまりにもタカさんらしくない弱気な姿勢にみんな驚いたとか」(テレビ局関係者)

    石橋は、例えば2014年の「笑っていいとも!」最終回で止められていたにもかかわらずステージに乱入するなど、
    そのイケイケの姿勢が世間に受けて人気となった。だが今はその面影はまったくない。
    昔のように破天荒ぶりを取り戻すことが、復活の鍵となるのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1529669/
    2018.09.29 08:00 トカナ

    【【芸能】とんねるず石橋貴明の低迷&傷心ぶりが不安になるレベル「面白くない!」と罵声を浴びせられ… 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/09/29(土) 12:37:11.66 ID:NSA0QAh/0● BE:299336179-PLT(13500)
    sssp://img.5ch.net/ico/yukidaruma_3.gif
     パリの現地時間9月28日の夜、エディ・スリマン(Hedi Slimane)による「セリーヌ(CELINE)」2019年春夏コレクションのショーが行われた。
    場所は7区にある軍事博物館前の特設会場。メディアやファッション関係者のほかセレブリティらが招かれ
    、日本からはスタートトゥデイの前澤友作社長と女優の剛力彩芽が揃って来場した。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00010000-fashions-life

    「セリーヌ」のショーに来場した前澤社長と剛力彩芽
    no title

    【【ZOZO前澤社長】パリで「セリーヌ」のショーにセレブとして来場 剛力と一緒に】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/29(土) 13:34:32.49 ID:CAP_USER9
    日本相撲協会に退職届を提出した貴乃花親方(46=元横綱)をめぐる報道について、「貴乃花応援会」が29日、公式サイトで一部を否定し、注意をうながした。

    「弟子達との関係、手続きの不備、支援者との関係等の中傷報道について」と題し、「弟子達との関係について」「貴乃花親方の誤解、説得に応じなかったというような報道」
    「書類の不備に関して」「支援者との関係や孤立無援との報道」の4点について報道と事実の相違を説明した。

    「弟子たちとの関係について」では、「貴乃花親方が貴公俊への”かわいがり”をしたとの内容」「貴ノ岩のPTSDの原因は貴乃花親方にあるというような内容」
    「弟子が祝杯を挙げるのではという飛躍した推測」の報道の内容を否定。
    「貴乃花親方自身は、弟子たちの為にも協会とは争わず、立つ鳥跡を濁さず、
    という姿勢で引退を表明しましたが、弟子達との関係を悪く見せようとする報道は誠に残念です」とした。

    さらに、全ての一門が受け入れOKだったとの報道には「一部報道では、貴乃花親方が説得を圧力と誤解をしていた、全ての一門が受け入れOKだった、とする内容で、
    親方にも非があるような報道をしていますが、そもそも告発状が事実無根であること認めさせようとした説得行為自体が問題」と指摘。

    書類不備のため、引退届が受理されなったことには「引退届や所属先変更願の書類の不備が指摘されていますが、
    引退という表現も所属先の変更も法的には何ら問題のない内容と考えられます。
    貴乃花親方を不器用で、こうした手続きもできないような印象を与えようとしているように見受けられます」とし、
    「実際の貴乃花親方は聡明で器用な方です。信念を曲げず、正義を貫くのが不器用でしょうか?器用というのは、権力に屈し、不正に屈し、嘘をつくことでしょうか?それは違います」と訴えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000096-spnannex-spo
    9/29(土) 11:27配信

    【【相撲】貴乃花応援会が公式サイトで声明 全ての一門受け入れOK報道にも反論 】の続きを読む

    1: 春の呪い ★ 2018/09/29(土) 10:48:39.52 ID:CAP_USER9
    ゲーム事業を展開する「Cygames(サイゲームス)」(東京・渋谷区)がJ1鳥栖とのスポンサー契約を今季で満了し、来季以降は結ばない方針であることが28日、分かった。

     同社は渡辺耕一社長が佐賀・伊万里市出身だった縁もあり、15年7月から鳥栖とスポンサー契約を締結。スポンサーとしては異例となる年間5億円以上の大型契約で毎年更新してきた。
    この資金を使い、近年は多くの有力選手を獲得。今夏には鹿島から元日本代表FW金崎夢生(29)、元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)が加入するなどチーム強化に影響を与えてきた。

     契約を更新しなかった背景には、同社の親会社にあたるIT大手「サイバーエージェント」(東京・渋谷区)がJ2町田を買収することがある。Jリーグの規約では1つのオーナーが複数のJクラブの経営に大きな影響を持つことを禁止している。サイゲームスと鳥栖はスポンサー契約で株式も保有していないことから、Jリーグの規約には抵触しないとみられるが、グループを挙げて町田を支援するために撤退を決断したもようだ。

     ただ鳥栖にとっては大打撃だ。年5億円超の有力スポンサーを見つけることは難しく減収は決定的。フェルナンドトーレスや金崎が流出する可能性もある。同社が鳥栖市に6億8600万円を寄付し、本拠地のベアスタを改修することが決まっているが、これが最後の置き土産となりそうだ。

     ◆Cygames サイバーエージェントの100%出資子会社として2011年5月に設立。東京・渋谷を拠点に「神撃のバハムート」や「グランブルーファンタジー」などの人気モバイルゲームを配信。17年7月にはイタリアの名門ユベントスとスポンサー契約を締結。従業員数は1951人(18年3月)。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000274-sph-socc

    【【サガン鳥栖】サイゲームスがスポンサー撤退へ…年間5億円減収、鳥栖大打撃!】の続きを読む

    このページのトップヘ