まとめニューV

芸能、ニュース、美容・健康まとめブログ

    2018年11月

    1: 2018/11/29(木) 09:15:01.34 ID:CAP_USER9
    実写映画化、テレビアニメ化もされた人気マンガ「テラフォーマーズ」が、12月6日発売の連載誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)2019年1号からしばらく休載されることが明らかになった。
    11月28日発売の同誌2018年52号によると、原作者の貴家悠さんの病気療養のためといい、再開時期は今後、同誌や公式サイトなどで発表される。

    「テラフォーマーズ」は、貴家さんが原作、橘賢一さんが作画をそれぞれ手がけるSFアクションマンガ。
    驚異的な進化を遂げたゴキブリと昆虫の能力を持った人間が戦う姿が描かれている。
    2011年1月に「週刊ヤングジャンプ」の増刊誌「ミラクルジャンプ」(同)で連載が始まり、12年4月に「週刊ヤングジャンプ」に移籍した。

    貴家さんの病気療養のため、17年3月~18年4月にも休載。
    今年9月からも休載となり、11月15日発売の同誌50号で連載を再開したばかりだった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000024-mantan-ent

    「テラフォーマーズ」
    no title

    【【人気漫画】ヤンジャン「テラフォーマーズ」再び休載へ 】の続きを読む

    1: 2018/11/29(木) 09:26:24.13 ID:CAP_USER9
    モデルで女優の西内まりや(24歳)が11月28日、自身のInstagramで、太ももまで露わにした美脚を披露。
    ファンの絶讃を浴びている。

    西内はこの日、「エレガントカッコイイ衣装は@versace」と、ヴェルサーチェ(>>2018年10月より、カナ表記がヴェルサーチから変更)のファッションに身を包んだショットを投稿。

    これにファンからは「なんて素晴らしいスタイル」「スタイル抜群」「美脚でカッコイイなぁ」「脚長い~!」「ほんと美脚!」などの声が寄せられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15663213/

    西内まりやが美脚披露
    no title

    no title

    【【モデル】西内まりや、太ももまで露わにした美脚を披露】の続きを読む

    1: 2018/11/29(木) 13:40:09.66 ID:CAP_USER9
    日本スケート連盟は29日、フィギュアスケート男子で五輪2連覇中の羽生結弦(23=ANA)が出場権を持つグランプリ(GP)ファイナル(12月6日開幕、カナダ・バンクーバー)を
    欠場すると発表した。

    GP第5戦ロシア杯(モスクワ)のフリー前の公式練習で右足を痛め「右足関節外側靱帯(じんたい)損傷」「三角靱帯(じんたい)損傷」「右腓骨(ひこつ)筋腱(けん)部損傷」の診断を
    受けていた。11月17日の受傷後3週間の安静固定、その後のリハビリに約1カ月を要す見込みであることから、欠場を決めた。

    2月の平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)で金メダルを獲得した羽生は、今季GP初戦の第3戦フィンランド大会(ヘルシンキ)で優勝。続くロシア杯でもショートプログラム(SP)の
    今季世界最高を更新する110・53点で首位発進したが、フリーを控えた練習の際に4回転ループで転倒した。右足首を負傷。痛みを抱えてフリーを滑ったが、一夜明けての表彰式では
    衣装にスニーカーを履き、松葉づえ姿で表彰台に立っていた。

    その際には日本連盟を通じて「気持ちはファイナルに向け、全力で治療します」とコメント。だが、GPファイナルだけでなく、世界選手権(19年3月、埼玉)の最終選考会である
    全日本選手権(12月21日開幕、大阪)も診断によるリハビリ期間と重なることとなった。

    11月19日に行われた同連盟理事会後には、橋本聖子会長が「本人が一番いいようにできる環境を整えるだけ」とコメント。伊東秀仁フィギュア委員長は「(全日本選手権に)
    出なければその時に考える」としながらも「世界選手権を目指してやってほしい」と語っていた。

    羽生はGPファイナルにおいて、13~14年シーズンから4連覇。昨季はNHK杯前の公式練習における負傷で、出場を逃していた。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00405898-nksports-spo

    【【フィギュアスケート】羽生結弦GPファイナル欠場 】の続きを読む

    1: 2018/11/29(木) 05:57:31.65 ID:CAP_USER9
    元スペイン代表FWダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティFC)が日本移籍に向けて動いているようだ。アメリカの大手テレビ局『フォックス』が28日、断定的に報じている。

     所属先のニューヨーク・シティFCは同日、ビジャの退団を正式発表。その後、ビジャは自身の公式SNSを通じて「僕の心と身体は新たな挑戦を欲している」と述べ、現役引退の噂を否定した。

     続いて『フォックス』のサッカー番ツイッターアカウント(@FOXSoccer)が反応。「ダビド・ビジャは壮大な4年間を経て、ニューヨーク・シティを去って日本に向かう」と投稿している。

     なお、現状では移籍先を報じた大手メディアはない。一方、日本への移籍が実現すれば、スペイン代表で共にプレーしたMFアンドレス・イニエスタ(神戸)、FWフェルナンド・トーレス(鳥栖)との再会となる。

     スペイン代表のエースストライカーとして活躍したビジャは2008年の欧州選手権、2010年の南アフリカワールドカップでそれぞれ得点王を獲得。代表通算59得点は同国の最多得点記録となっている。

     クラブレベルではスポルティング・ヒホンで頭角を表すと、サラゴサ、バレンシアでエースを担い、2010年にバルセロナへ移籍。初年度のUEFAチャンピオンズリーグ決勝では自身のゴールで優勝に導いた。13年にはA・マドリーにも在籍していた。

     アメリカ移籍を決断したのは14年夏、当時は創設されたばかりだったニューヨーク・シティFCを新天地に選んだ。当初はMLSに参入していなかったため、同じシティグループのメルボルン・シティFCに期限付き移籍。その後、4シーズンにわたってプレーしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-06985473-gekisaka-socc

    【【サッカー】元スペイン代表FWダビド・ビジャがJリーグ移籍へ】の続きを読む

    1: 2018/11/29(木) 07:19:08.12 ID:CAP_USER9
     女優の真木よう子さんが、テレビ東京系で2019年1月期に放送される連続ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」で主演を務めることが29日、明らかになった。4月に同局に新設されたドラマ枠「ドラマ Biz」(月曜午後10時)の第4弾で、真木さんにとって所属事務所を移籍後初の地上波の連続ドラマ主演となる。

     ドラマは、1993~97年にマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載された周良貨さん作、夢野一子さん画のマンガ「この女に賭けろ」が原作。都市銀行で働く女性総合職の主人公が、大胆な発想と行動力で業績不振の支店の立て直しなどを手掛け、上り詰める様子が描かれる。真木さんは、トラブルメーカーとうわさされるが法人営業課長に大抜てきされた原島浩美を演じる。

     浩美の決めぜりふは「恐れながら申し上げます」で、どんな相手にも臆せず正論を吐き、お客様第一の銀行員として、管理職として真っ当に仕事を進めていく。天然な鈍感さと強さを併せ持つキュートな銀行員だという。

     真木さんは「この作品のオファーをいただいた時に、原作となっているマンガがとても面白く、見る者を引きつけると思い、お引き受けいたしました。私が演じる原島浩美は物腰穏やかで、かつ天性の銀行職員という印象を受けました。何事にも穏やかな顔を貼り付け、核なる部分を切り込んでいきたいと思います。とにかく、真木よう子を崩して、『エンターテインメント』のドラマをより多くの方々にお楽しみいただけるよう、頑張らせていただきます」とコメントを寄せている。

     ドラマは、19年1月からテレビ東京系で毎週月曜午後10時に放送。

     ◇プロデューサーの阿部真士さんのコメント

     強く、カッコいい女性を演じさせたら右に出るものはいないと個人的に思っている真木よう子さんに、あえて、物腰柔らかく、丁寧で、だけどちょっと天然な鈍感さを持つキュートな女性、原島浩美を演じてもらいます。少し前に真木さんと初めてお会いしました。柔和で、キュートで、芯の強さがある。ひょうひょうと見せかけて、でも、少しの不安だったり、実はドキドキしていたりという人間臭いところもありそうだな。そんな印象でした。

     それって、本作の主人公・原島浩美なんです。「強い女性」を描くドラマというと、主人公は本当に強くて、動じなくて、スパッと悪を斬ります。ですが、テレ東の月曜22(午後10)時の枠の主人公はもう少しリアリティーがあります。つまり、我々と近い存在です。不器用で、だけど、普段は絶対に言えない正論を代弁してくれる。世の中の多くの人は会社員で、仕事の内容や人間関係に不満を持つ人がとても多くいます。グッとこらえる、理不尽も受け入れる、それが美徳であると我々は刷り込まれてきました。嫌な上司や生意気な部下や偉そうな取引先などに対して抱く疑問や正当性を主張できたら……そんな思いを本作の主人公・原島浩美は代弁します。ぜひ、ご期待ください。

     最後に、いつも企画書はラブレターだと思って作ります。真木よう子さんに思いが届いた、その事実だけでご飯を大盛り3杯はいけます。ダイエット中ですが。思いに応えられるように、今回はマジで数字を獲(と)りにいきます。

    2018年11月29日
    https://mantan-web.jp/article/20181128dog00m200077000c.html
    no title

    【【芸能】真木よう子  移籍後初の地上波連ドラ主演 】の続きを読む

    このページのトップヘ