まとめニューV

芸能、ニュース、美容・健康まとめブログ

    2018年11月

    1: 2018/11/01(木) 09:24:42.34 ID:CAP_USER9
    プロボクシングの元世界3階級王者、井岡一翔(29)=SANKYO=が12月31日にマカオでWBO世界Sフライ級王座決定戦を行う見通しとなったことが31日、分かった。昨年大みそかに引退を発表した井岡は、今年9月に米国で現役復帰。勝てば日本選手では史上初の4階級制覇となる。

     完全復活を目指す井岡の“青写真”が判明した。ターゲットは現在王座が空位のWBO世界Sフライ級のベルト。複数の関係者によると、同級1位のドニー・ニエテス(36)=フィリピン=と大みそかにマカオで王座決定戦を行うことで、ほぼ合意に達した。

     井岡は昨年11月にWBA世界フライ級王座を返上し、大みそかに現役引退を発表。だが今年7月に現役復帰を表明し、階級をSフライ級に上げて9月に米国で約1年4カ月ぶりとなる10回戦の復帰戦を行い、WBC、WBO同級3位のマクウィリアムズ・アローヨ(32)=プエルトリコ=に3-0の判定で完勝した。

     ニエテスは井岡と同じく元3階級王者で、戦績は47戦41勝(23KO)5分け1敗のベテラン。井岡の復帰戦となった9月の軽量級のイベント「スーパーフライ3」では今回と同じWBO同級王座決定戦を行い、引き分けで王座奪取を逃していた。

     ニエテスが引き分けに終わり、王座が空位のままだったことで実現する12・31のマカオ決戦。WBO同級3位にランクされる井岡は24戦23勝(13KO)1敗。ともに4階級制覇の偉業を懸けた大一番となる。

    11/1(木) 7:00配信 サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000014-sanspo-fight

    【【ボクシング】<井岡一翔(元世界3階級王者)>大みそかにマカオで世界戦!勝てば日本選手史上初4階級制覇へ】の続きを読む

    1: 2018/11/01(木) 09:11:39.59 ID:CAP_USER9
    女流棋士でタレントの竹俣紅(20歳)が10月31日、自身のInstagramで、人生初のつけまつげ姿を披露している。

    竹俣はこの日、「昨夜のハロウィンイベントにご参加くださった方々、ありがとうございました 福岡や兵庫など、遠方から来てくださった方々もいらっしゃって、本当に感謝です…平日なのにすみません」とファンに感謝の言葉をつづり、「昨日はウェイトレスさん風の仮装をしました」とキュートな仮装ショットを投稿。

    そして「#人生で初めて #つけまつけた #取れちゃわないかヒヤヒヤした」とハッシュタグを添え、つけまつげを初めて付けた感想をつづっている。

    これにファンからは「なんというかわいさ……」「めちゃくちゃ可愛いですね!!!」「天使か」「似合う!!」「かわいいけど、紅ちゃんだってわからなかった」「なにげに金髪も似合ってる」などの声が寄せられている。

    なお、竹俣はコメント欄に寄せられた質問にも回答。
    カラコンは「したことないです~」とのことだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15528743/

    キュートなウェイトレスさん姿披露 竹俣紅
    no title

    no title


    竹俣紅
    no title

    no title

    【【将棋】竹俣紅  人生初のつけまつげ姿を披露】の続きを読む

    1: 2018/11/01(木) 09:21:57.27 ID:CAP_USER9
    初代表選出も「呼ばれても、そこからが大事」と語り、初戦でゴールの起点と“有言実行”
    no title



     レアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)に所属するMF中井卓大は、フランス遠征に臨むU-15日本代表のメンバー18人に名を連ね、世代別代表に初選出された。現地時間30日に行われた「バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2018」初戦のU-15オーストリア代表戦(40分ハーフ/2-0)で早速デビューを飾ったなか、フランスが誇る神童の名前を挙げ、「4年後のワールドカップに出たい」と今後のビジョンを口にした。

     代表初招集の一報を受けた際の率直な感想は、「これから頑張ろう!」だったという。

    「呼ばれても、そこからが大事。そこが第一歩なので、そこから練習、試合と大事にして、一日一日の生活を大事にしたい」

     29日にマドリードからフランスに入って直接チームに合流し、練習は1回だけ。ほぼ“ぶっつけ本番”でオーストリア戦を迎えたが、実戦でも堂々たるプレーを見せた。

     前半35分、MF遠山悠希(京都サンガF.C. U-15)の負傷を受けて急きょピッチに立ち、世代別代表デビュー。4-4-2システムのボランチに入ると、出場からわずか4分後、中井は右サイドでボールキープしてMF豊田晃大(名古屋グランパスU-15)にパス。その豊田からのパスをFW勝島新之助(京都サンガF.C. U-15)が決め、先制点の起点となった。

     後半16分、日本はMF中村仁郎(ガンバ大阪Jrユース)のFKをDF諏訪間幸成(横浜F・マリノスJrユース)が頭で合わせて追加点を奪取。その後、中井も右サイドで後方からの浮き球のパスを走りながら右足で捉えて相手ゴールを脅かし、CKのキッカーを担って味方のヘディングシュートも演出している。

    「ムバッペも19歳でW杯に出場した。4年後は僕も19歳なので出られたらいいな、と」

     今回の代表招集では、日々ともにトレーニングをする仲間たちとではなく、それぞれの所属チームから集まって短期間で練習と試合を行う“代表のルーティーン”も初めて体験している。少なからずやりづらさは感じつつも、全員でスペースを埋め、お互いが相手のプレーに合わせながらサッカーをする醍醐味に開眼したという。

    「オーストリア戦も、まだ一回しか練習していないんですが、みんな僕のプレーに合わせてくれてやりやすかった。本当にみんな上手い選手ばかりで、一緒にプレーしていてワクワクします!」

     日本代表で目標とするのは、もちろんA代表だ。今夏、ロシア・ワールドカップ(W杯)で世界を驚かせた19歳の神童が大きな刺激になっているという。

    「4年後のW杯に出たいです。(キリアン・)ムバッペも19歳で出場したので。4年後は僕も19歳なので出られたらいいな、と。これからまた努力して頑張ります!」

     プレー面で目標としているのは、レアルの先輩であるスペイン代表MFイスコやクロアチア代表MFルカ・モドリッチだ。同じレアル所属と言っても、トップチームの選手たちから直接アドバイスを受けるチャンスはないが、チームに受け継がれる哲学は、日々しっかり学習。レアルでも、「19歳か20歳でトップチームにいたい」と目標を掲げる。

     スペインの名門バルセロナに所属していたFW久保建英(横浜F・マリノス)と比較される15歳の逸材“ピピ”が、どのような成長曲線を描くのか実に楽しみだ。

    11/1(木) 6:20配信 FOOTBALL ZONE WEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00144955-soccermzw-socc

    【【サッカー】レアル・マドリードのカデーテA所属MF中井卓大   「4年後のワールドカップに出たい」】の続きを読む

    1: 2018/10/31(水) 16:28:40.06 ID:CAP_USER9
    インターネット放送局AbemaTV(アベマTV)が存続の危機を迎えているらしい。

    AbemaTVは「サイバーエージェント」と「テレビ朝日」の合弁会社が手掛けるネットテレビ局。
    スマートフォンやパソコン、テレビ端末から、バラエティーやニュース、スポーツなど約25チャンネルの番組を24時間無料で視聴できる。

    2017年11月に元『SMAP』3人が出演した「72時間ホンネテレビ」や、「亀田興毅に勝ったら1000万」などの企画が話題を呼び、地上波テレビ以上の注目を集めたAbemaTV。
    現在は恋愛関連のオリジナル番組を増強したことが奏功し、若年女性ユーザーが増えているという。

    しかし、2017年まで着実に増加してきた視聴者数が、今年に入ってからは500万~600万台で微増かほぼ横ばい。
    そんな中、AbemaTVで放送されていたプロレス番組『DDT LIVE! マジ卍』が、10月26日に突如放送終了と発表された。
    この番組はプロレス界久々のゴールデンタイム・生中継レギュラー番組だったのだが…。

    「2017年9月に、プロレス団体DDTの全株式をサイバーエージェントが買い取り、グループの傘下に取り入れました。
    目的はAbemaTVのコンテンツ強化とDDTの認知度アップだったそうです。
    突然番組を打ち切りにした理由は、『DDT両国国技館大会』生中継での放送事故が原因など、ネット上でさまざまな憶測を呼んでいますが、明確なことは分かっていません」(芸能記者)

    今は基盤作りだというが…

    一方、番組の間に挿入するCMの広告収入と、見逃し番組のオンデマンド視聴機能などで得るユーザー課金収入などは、前年比の約3倍となる63億円を記録。
    しかし投資額の方がはるかに上回っている赤字経営状態で、藤田晋社長は「収穫の時期を迎えたときに大きく成長できるよう基盤を作りたい」と語っている。

    今年10月には、電通、博報堂DYメディアパートナーズとの資本業務提携を発表したAbemaTV。
    広告拡販やコンテンツ調達の強化を目的にしているが、この提携によってかじ取り争いが起きる可能性も否定できない。

    元『SMAP』3人など、地上波テレビから追い出された芸能人の稼ぎ場となっているだけに、何とか存続してほしいと願っているファンは多いようだが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1554238/
    2018.10.31 15:31 まいじつ

    【【テレビ】AbemaTVが「存続の危機」!? 】の続きを読む

    1: 2018/10/31(水) 16:03:48.66 ID:CAP_USER9
    AP通信は30日、今季のワールドシリーズのテレビの平均視聴者数が約1410万人で、昨季の約1890万人から約25%減少したと伝えた。

     今季のワールドシリーズはボストンをホームとするレッドソックスとロサンゼルスをホームとするドジャースの対戦。
    市場の大きい都市を本拠地とする両チームだったが、5試合の平均視聴者数は低迷し、約1410万人は史上4番目の低い数字となった。

     試合別の平均視聴者数は第5戦が最多で約1760万人。最少はワールドシリーズ史上最長の延長18回で決着がついた第3戦で1325万人だった。

     ちなみに、カブスが108年ぶりにワールドシリーズを制覇した2016年は約2340万人。この時の比べると、今季の平均視聴者数は約40%減少している。
    なお、ワールドシリーズ史上最低の平均視聴者数は、ジャイアンツがタイガースを4連勝で下した2012年の約1270万人。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/31/kiji/20181031s00001007191000c.html

    【【メジャーリーグ】ワールドシリーズ 平均視聴者数が昨季から25%減少 史上4番目の低い数字】の続きを読む

    このページのトップヘ