1: 2019/01/03(木) 05:04:04.58 ID:CAP_USER9
2019.01.02 18:53
石原さとみ「誰からも求められてない、必要とされてない」“20代での挫折と苦悩”を告白 転機を語る

女優の石原さとみが2日放送の関西テレビ・フジテレビ系トークバラエティ番組『新春大売り出し!さんまのまんま』(午後15時45分~)に出演。20代半ばでの挫折と苦悩を告白し、雑誌「anan」の表紙が決まった際には喜びのあまり泣いてしまったことを明かした。

◆石原さとみ、20代での挫折 転機を語る

2002年に「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞、15歳で芸能界入りした石原も現在は32歳。結婚についても「27、8歳くらいでピークが来まして」と周囲がどんどん結婚していく時期には意識したというもの「今は全く」で結婚願望が吹き飛ぶほど「仕事が楽しい」とにっこり。

しかしそんな石原も、「10代の時は好奇心だけで楽しくてしかたなくて」とデビューして数年は楽しく仕事ができていたものの、「20才になってからは責任を含めてちょっと挫折もあった」と告白。当時仕事が減ったこともあり、20才から数年は「誰からも求められてない、必要とされてない」と感じるほど挫折を感じる日々を過ごしていたのだという。その後久々の休養として、1ヶ月NYで過ごす時間を得た石原。「1ヶ月間NYで遊び倒した」ことがリフレッシュになっただけでなく、女優としての石原でなくても友達が作れたことや「何が楽しくて何が好きなのか」「どういう人が好きとかどういう考え方が好きとか」と、日本を離れて初めてひとりの女性としての自身を再確認できたのだと明かした。

◆雑誌「anan」表紙や、化粧品のCM出演で「泣きました」

同時に、それまでスタイリストやメイクアップアーティストなど、プロフェッショナルに囲まれていたゆえに「自分で選ぶことがなかった」ファッションやメイクへの興味もわき「そこから初めてメイクのこととかファッションのこととか勉強した」という石原。「好きで夢中で楽しくてしかたがなくて」とメイクなど自身の興味のある事柄を積極的に学ぶようになった結果、ドラマ出演やファッション誌のカバーの仕事が「どんどん進んでいった」のだそう。

特に雑誌「anan」の表紙が決まったときには「泣きました」というほど嬉しかったと告白し、「化粧品のCMが決まった時も嬉しくてしかたなくて」と当時の喜びを回想。石原は挫折のあと再び楽しんで仕事ができるようになったことを「すっごく嬉しかった」としみじみと笑顔で語り、NYでの1ヶ月の休養のあとの女優人生を「好きなことだけで私の周り固めようと思って、そこからはすごく楽しいです、人生」と言葉にした。(modelpress編集部)


石原さとみ(画像提供:関西テレビ)
no title


https://mdpr.jp/news/detail/1813889

【【テレビ】石原さとみ「誰からも求められてない、必要とされてない」“20代での挫折と苦悩”を告白 転機を語る】の続きを読む