まとめニューV

芸能、ニュース、美容・健康まとめブログ

    2019年02月

    1: 2019/02/18(月) 11:09:29.79 ID:hpNsldQS9
    タレントのフィフィ(42)が18日までに自身のツイッターを更新。
    立憲民主党の蓮舫副代表(51)に向け、「今回の虐待死の件で現政権を責めることが出来るのか」と問いかけた。

    千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡し、父・勇一郎容疑者(41)と母のなぎさ容疑者(31)が傷害容疑で逮捕された事件に対し、フィフィは「実の親からね、興奮しながらそれを動画や画像を記録に残し、周囲に助けを求めたのに関わりたくないからと追い返され、見殺しにされ、それが原因でさらにリンチが悪化して、絶望の日々だったでしょうね。こんな酷い最期を終える短い人生…私は忘れません、諦めず虐待に対しやれる事をしますから」とツイート。

    さらに連続ツイートで「私は問いたい、なぜ平成16年の警察の積極的介入を盛り込んだ児童虐待防止法改正に反対した蓮舫議員が、今回の虐待死の件で現政権を責めることが出来るのか、私はその真意を問いたい」とつづり、「あなたは本当に国民の側に向いているのですか?それ以前に同じ親の立場として問いたい、なぜあの時反対したのですか?」と質問を投げかけた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000034-sph-ent

    フィフィ
    no title

    【【タレント】フィフィ、虐待死問題で蓮舫議員へ怒りの質問】の続きを読む

    1: 2019/02/16(土) 09:22:10.51 ID:6eU7rgSY9
    女優の安藤サクラ(32)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜前8・00)が人気だ。
    今週は即席ラーメンがついに完成。
    「まんぷくラーメン」と名付けられた商品の量産に動き出した。
    試行錯誤を経て生み出されたラーメンに視聴者のテンションも上がったが、同時にネットでは「まんぷく見ているとラーメンめっちゃ食べたくなる!」「チキンラーメンうまそう」「家の近くのスーパー、チキンラーメン品薄になってる!」という声も。
    ドラマのモデル、安藤百福(ももふく)氏が創業した日清食品に朝ドラの反響を聞いた。

    ◆試行錯誤経てラーメン完成、ネットで話題「品薄になってる!」◆

    「まんぷく」は朝ドラ通算99作目。
    大河ドラマ「龍馬伝」、フジテレビ「HERO」「ガリレオ」「海猿」などのヒット作を手掛けた福田靖氏のオリジナル脚本。
    インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福氏と、その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代の大阪で明るくひたむきに生き抜く今井福子(安藤)とバイタリティーあふれる実業家の夫・萬平(長谷川博己)の波乱万丈の物語を描く。

    ドラマ序盤から萬平と福子が屋台のラーメンを食べる場面があり「ラーメンうまそう」「屋台いいなあ」と話題になったが、今月の放送で萬平のラーメンづくりが始まると、視聴者の“食欲”も加速。
    「あのスープが飲みたいな」「こんな苦労があって完成したんだね…今すっごく食べたくなった」などの声が広がった。

    ◆創業者夫妻がモデル、日清食品と視聴者の温かい遣り取り◆

    朝ドラの反響がチキンラーメンの売り上げに好影響を及ぼしているか、日清食品広報部に聞いたところ「個別商品の具体的な売上動向はお答えしかねますが、2018年度は『チキンラーメン』の発売60周年にあたる記念すべき年で、期初から“『チキンラーメン』ブランドとして過去最高売上の達成”を目標に掲げておりました」と節目の年であると説明。

    「新たな需要を開拓する新製品を次々と発売したり、テレビCMやネットなどで様々なプロモーションを展開するとともに、昨年10月から『まんぷく』の放送が開始されたことも相まって、目標を達成できる見込みとなっております」と、朝ドラも追い風となって過去最高の売り上げを達成できる見込みだと明かした。

    「『まんぷく』はフィクションによるドラマではありますが、番組をご覧になったお客さまからは、弊社にも“波乱万丈な人生の中で、一所懸命に努力をされる人生に感銘を受けました”“様々な苦労をしながら、食うや食わずの生活をする人々のために新事業を起こそうと決意したシーンを見て大変感銘を受けました”“日清食品創業までの御苦労が伝わってきます”という声をいただいております」と広報担当者。
    朝ドラを通じて温かい遣り取りが生まれている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000070-spnannex-ent

    日清食品「チキンラーメン」 品薄の店舗も
    no title

    no title

    【【朝ドラ】「まんぷく」が追い風に!チキンラーメン過去最高売り上げ達成見込み】の続きを読む

    1: 2019/02/16(土) 10:56:52.02 ID:Pzg06E3k9
    2019年2月15日 9時29分 Japaaan
    http://news.livedoor.com/article/detail/16027092/

    2月8日に公開された、人気漫画「シティーハンター」の最新長編アニメーション映画「劇場版シティーハンター」。
    no title

    なんとキャッツ・アイも登場!「劇場版シティーハンター」第二弾本予告ムービーが公開
    no title


    公開から4日間で観客動員数32万人を突破。興行収入も4億5千万超えを記録し絶好調なもっこりスタートを切っていますが、実はフランスでもシティハンターが公開スタートしたのを知っていますか?

    …といってもフランスで公開されたのは、シティハンターのフランス実写版「ニッキー・ラルソン」という映画なのです。その実写版ビジュアルの再現度が凄まじすぎると昨年から話題になっていました。

    そのポスタービジュアルがこちら。
    no title


    オリジナルに対してのリスペクトが凄まじい!

    そして海坊主の再現度www
    no title


    「ニッキー・ラルソン」はフランスで2月6日に公開され、5日間で観客動員数が51万人を超える大ヒットとなっているそうです。そしてなんと日本でも2019年中に上映が予定されています。

    シティハンターの20年ぶりの新作公開と実写版の公開、そしてなんと中国実写版も2019年に公開が予定されています。2019年はもっこり熱がおさまりそうにありません。

    それでは最後に「ニッキー・ラルソン」の予告編をどうぞ!

    https://youtu.be/oncDf_Hv14E


    【【映画】フランス実写版の「シティハンター」が大ヒット】の続きを読む

    1: 2019/02/16(土) 11:24:13.86 ID:EWjmHvC+9
    昨年“やらせ騒動”に揺れた日本テレビ系の看板バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)に、再び困った事態が起きている。
    レギュラー出演中のデヴィ夫人(79)のヤル気が日増しに高まり、過酷なロケを熱望。
    同番組の新年会では、イモトアヤコ(33)が出演するロケを自分に譲るよう交渉しようとしたという。
    夫人の年齢を考えれば万が一の事態も起こりかねないだけに、スタッフも頭を抱えるばかりだという。

    昨年の年間視聴率で全日(午前6時~午前0時)、プライム(午後7時~午後11時)、ゴールデン(午後7時~午後10時)を制し、
    5年連続の3冠を達成した日テレ。今年も勢いは衰えず、1月の月間視聴率でも3冠を獲得した。
    その原動力となったのは、同局の看板バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」だ。

    とはいえ、同番組は昨年11月に、人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」でヤラセ疑惑が浮上(同局は否定)し、このコーナーを休止した。
    番組の存続自体が危ぶまれたが、現在も放送中だ。

    それでも1月第4週(27日)の放送で「その他娯楽番組」部門トップの視聴率となる20・5%をマーク(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。相変わらずのドル箱ぶりを見せている。

    「やらせ疑惑が報じられてから、出演者たちのモチベーションはむしろ上がっている。5日に行われた今年のイッテQの新年会でも『より面白い番組にしよう』と盛り上がっていた」(関係者)

    そんな出演者の中で、がぜんヤル気になっているのが、不定期レギュラーのデヴィ夫人だという。

    6日に行われた自伝の出版イベントで夫人は、真剣な表情で「今、イモトアヤコさんがライバル」と告白。
    「私がしたいこと、私が行きたいところをイモトさんが全部やっちゃっているから」と、同番組で世界中で過酷なロケをこなすイモトに対抗心を燃やした。

    「実は今年の新年会で、デヴィ夫人はイモトに面と向かって、“海外ロケを少し譲って”と言おうとしていたんです。
    でも同じ会場にいたにもかかわらず、イモトを探し出せなかったようで。
    実はこの時、イモトはトレードマークの“太眉メーク”をしておらず、収録でしか会ったことのないデヴィ夫人は、本人を見ても分からなかったとか(笑い)」(関係者)

    ただ、デヴィ夫人がいくら体を張ったロケもそつなくこなすといっても、イモトのコーナーはやはり難しい。あまりに過酷すぎて年齢的にも危険性が高まるだけに、制作サイドも慎重にならざるを得ないという。

    「本人が『大丈夫』と言っても万が一が起きてしまったら抗議が殺到するでしょうし、やらせ疑惑どころの騒ぎじゃありません。
    今のご時世、収録中のケガなど、出演者の安全に局サイドは非常にナーバスになっている。たとえ元気でも、79歳の女性に無理をさせることはできませんよ」(日テレ関係者)

    それでもデヴィ夫人の情熱は衰え知らず。1月6日に放送された同番組の米国・ロサンゼルスロケで、出川哲朗らと体を張ったバブルボールに挑戦したが、そのシーンが丸々カットされてしまい激高。
    男性ディレクターにおかんむりで「アナタとはもう絶対にやりません!」などと怒りをあらわにしたことも、番組で明かされた。

    やらせ疑惑が降りかかった番組に、少しでも貢献したいとの熱い気持ちは分かるだけに、現場も悩ましい限りだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/12275/12275-193050
    2019年02月16日 11時00分 東スポWeb

    【【芸能】デヴィ夫人79歳が「イッテQ!」スタッフ悩ます「イモトさんの仕事したい」】の続きを読む

    1: 2019/02/15(金) 15:24:20.11 ID:+j3vwgad9
    2019年2月15日 14時52分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16025826/
    https://www.instagram.com/p/Bt5AUqjFCVj/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

     先月に現役を引退した吉田沙保里さん(36)が15日に更新したインスタグラムに、投稿直後から「美人やな…」「雰囲気が深キョン」などと絶賛のコメントが相次いでいる。

     吉田さんはスイーツが載せられた皿を手に「サオリーナのれっどらいんでランチをしていたら、お店の方からサプライズでデザートが…こんなにもたくさんのデザートありがとうございます 美味しくいただきました」とのメッセージをアップした。

     すると直後から「どんどん綺麗になられますね」「今日もお美しいですね」などのコメントと「いいね!」が相次いだ。

     さらに吉田さんと親交があり、たびたび2ショット写真が上がっている女優の深田恭子(36)を引き合いに出し「雰囲気が深キョン」などのメッセージも寄せられていた。

    【【レスリング】吉田沙保里さん  インスタ投稿に驚きと賞賛が殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ