まとめニューV

芸能、ニュース、美容・健康まとめブログ

    スポーツニュース

    1: 2019/01/25(金) 08:25:04.09 ID:LHFSu//H9
    1/25(金) 5:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190125-00010000-sdigestw-socc
    no title

    堂安はPKを奪取して自ら決める活躍を見せたが、釜本氏はもっと縦に勝負してほしいと語る。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

    アタッカーを利き足と逆のサイドに置くやり方が、あまり良い方向に作用していない
     日本代表がベトナム代表を相手に、なんとか1点を守り切ってアジアカップの4強入りを決めた。今大会はずっとそうだが、相変わらずディフェンス陣が大忙しで、一生懸命に頑張っていたね。
    VARによるゴールの取り消しも、PK獲得の判定もあったなかで、日本は確かに粘り強く戦った。しかし試合内容としては、1回戦のサウジアラビア戦と同様、守備はよく頑張ったが、攻撃はほとんど進歩していないように感じられた。

     もちろん、相手が引いて守るチームだったことで、今回はある程度ポゼッションで上回ることになったが、果たしてボールをどう回せば敵の守備が崩れるのか、そんなことを考えながらプレーしていたようには見えなかった。ボランチは縦を狙うことしか考えていないようだし、ワイドの選手も中に入りがちで相手の選手が密集しているところへ飛び込んでいくような場面が何回も見られた。
    堂安もPKは獲ったけれど、半分の仕事しかやっていない。中へ入っていくばかりで縦がないんだから。自分で持ち上がってペナルティエリア付近まで行っているのに、そこでまた中央を見てパスを狙ってしまう場面もあった。同じことを繰り返して、同じ展開が延々と続いていた。これでは、まだまだ日本のロッベンにはなれないよ。

     日本は左利きの堂安を右サイドに配置し、右利きの原口を左サイドに置いているが、今大会に関しては、この利き足と逆のサイドに置くやり方が、あまり良い方向に作用していないように見える。堂安にしても原口にしても縦に勝負を仕掛けるというより、カットインで中に入って自分でシュートを打とうとするプレーが多い。それ自体は悪くないが、やっぱりそこを封じられると後方へパスを出すか、あるいは中で潰されてしまうか……ということになる。
    相手の研究もあるかもしれないが、日本の攻撃がどうも中央に偏ってしまうのは、こうした選手の配置にも問題点があるのではないか。攻撃のバリエーションという面でも、ドリブルで縦に仕掛けて相手の組織を切り裂くというシーンが少ないように感じられる。とにかく、日本の攻撃はまだまだ未成熟と言えるだろうね。

    ■ 大迫も“半身”の態勢から積極的に前を向いて仕掛けていくべきだ

     ベトナム戦はシュートも決して多くはなかった。相手のほうが無駄打ちも多かったけれど、その思い切りの良さにはアグレッシブに戦うんだという気迫が感じられた。
    前にも言ったように、日本は縦に勝負するアタッカーが少なすぎるんだ。ボールを受けてもロストを恐れてただ真っ直ぐパスを返す場面もあったが、そういうプレーは相手のプレスを勢いづかせるだけ。とくに前線はもっと粘らなければだめだ。
    久しぶりに起用された大迫も同じ。やはり足もとにボールを収める技術はさすがだと思わせたが、最前線でターゲットとなる選手もボールを受けたら積極的にドリブルで運んで仕掛けてほしい。相手との間合いを測りながら“半身”の態勢になってボールを受け、そこから前を向いて勝負していくべきだ。そうなれば、真ん中からの崩しももう少し効果的なものになるはず。

     そして次はいよいよイランとの大一番。相手は中国を寄せ付けずに3-0で勝ち上がってきた。日本はここまでスッキリとした勝利がないままだが、この準決勝でどんな戦いぶりを見せるのか大いに注目したい。おそらくは、ベトナム戦のメンバーがベースになるだろうが、屈強なイランのディフェンス陣を相手に人に強い大迫や、縦に速い伊東あるいは武藤などを有効に使って崩したいところだ。今大会一番の正念場をなんとか乗り切ってほしいね。

    【【釜本邦茂】堂安はまだまだロッベンにはなれない…両ワイドはもっと縦に仕掛けていくべき】の続きを読む

    1: 2019/01/25(金) 06:40:14.89 ID:JKy0zlB89
    5連勝、無失点の好成績でばく進中のイラン

    アジアカップ準々決勝の中国対イランが24日に行なわれ、イランが3-0で完勝し、日本が待つベスト4へ駒を進めた。

     中国を相手に始終主導権を握り、圧倒したイラン。前半でFWのサルダル・アズモン、メフディ・タレミらが躍動し、後半アディショナルタイムにはカリム・アンサリフィルドが勝利を決定づける3ゴール目でトドメをさした。

     過去には名古屋グランパス、レアル・マドリード等の監督を歴任し、2020年までイラン代表を率いることが決まっているポルトガル人指揮官カルロス・ケイロスは、試合後のインタビューで「非常に手強い相手とのとても難しい試合だった。だが、中国の激しいプレッシャーを受けながらも、我々の選手たちが、自分たちの戦術とアプローチで勝利を手にすることができたと思う」と手応えを口にした。同監督の母国であるポルトガルの地元紙『SAPO DESOIRTO』などが報じている。

     対戦相手である中国を率いていたマルチェロ・リッピとの対戦については、「大舞台でマルチェロ・リッピ監督と対戦できたことを、非常に光栄に思う。(指導者引退の噂があるが?)偉大な指導者だからこそ、決断には敬意を払うべきだ」とコメント。

     そして気になる日本との対戦については、このように語っている。

    「まだ全ての戦いが終わったわけではないし、今後、もっと大きな“サメ”が我々のことを狙ってやって来る。中国に勝利しただけでは不十分だろうし、日本や韓国との対戦が迫ってきているだろう。これからはもっと注意深くやる必要があるんだ。これだけ体力的にも精神的にも消耗した後だから、とにかく4日後まで選手たちを休ませることを第一に考えたい」

     日本とイランは現地1月28日にアル・アインで対戦する。ここまで5試合で無失点というイランの“壁”を、森保ジャパンは打ち破ることができるだろうか。

    1/25(金) 6:07 サッカーダイジェスト
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=53355

    写真https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/53355_ext_04_0_1548362657.webp?v=1548364195

    【【サッカー】<イラン代表カルロス・ケイロス監督>日本を警戒!】の続きを読む

    1: 2019/01/23(水) 07:00:03.93 ID:+h0ioYBr9
    【動画】「円盤投げをすべき」「アジア杯のハイライト」と反響拡大 イラン守護神ベイランバンドの70m超スローイング
    https://twitter.com/twitter/statuses/1085990795507888128

    守護神ベイランバンドのセンターサークルをはるかに越えるスローイングが世界で反響
    イラン代表GKアリレザ・ベイランバンドは、UAEで開催中のアジアカップで話題を集めている。
    20日の16強オマーン戦(2-0)で開始1分にPKストップを決めて流れを引き寄せたが、16日に行われたグループリーグ最終戦イラク戦(0-0)では70メートルを超える規格外のスローイングを披露。
    「円盤投げをすべきだ」と海外メディアで反響が広がっている。

    イランの守護神ベイランバンドは3試合すべてでクリーンシートを記録したが、守備以上にスローイングが注目を集めた。
    グループD首位を懸けたイラク戦の前半アディショナルタイム、自陣ゴール前でボールをキャッチしたベイランバンドは素早く起き上がって猛ダッシュ。
    勢いをつけて右手から放ったボールはぐんぐんと伸びて瞬く間にハーフウェーラインを越え、一気にアタッキングサードの味方に通った。
    得点にこそつながらなかったものの、その圧巻の飛距離に海外メディアも驚きを隠せなかった。

    英スポーツメディア「スポーツ・バイブル」が「世界記録の可能性」「信じられない」と報じていたが、
    ベトナム国営テレビ局「VTV」も「感動的なアジアカップ:ベイランバンドは円盤投げをすべきだ」と見出しを打って特集している。

    「ベイランバンドのロングスローはアジアカップのハイライトの一つだ。チームメートに70メートル近いスローイングを通した。まるで円盤投げのように。彼は人々から称賛された」

    記事では、「世界で最も長距離を投げるGKの“ピッチャー”はマンチェスター・シティのエデルソンの73メートル」と綴り、ベイランバンドがシティのブラジル代表GKエデルソンに肉薄していることを紹介している。

    日本が24日の準々決勝ベトナム戦に勝利すれば、イラン対中国の勝利チームと準決勝で激突する。
    イランと対戦した際には、ベイランバンドの驚異的なスローイングが日本の脅威になるかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190123-00164500-soccermzw-socc
    1/23(水) 6:40配信
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【サッカー】イランGK、驚愕の“70m超スロー”が反響拡大 】の続きを読む

    1: 2019/01/23(水) 06:48:24.78 ID:+h0ioYBr9
    「ESPNシアトル」でコラムニストを務めるジム・ムーア氏が引退を提言

    3月20日と21日に東京ドームで行われるアスレチックスとの開幕戦で“現役復帰”する見込みとなっているマリナーズのイチロー外野手。
    昨季途中に球団の会長付き特別補佐に就任したものの、その後もチームでの練習を続けてきた。

    ロースターが25人から28人に拡大される日本での開幕戦でロースターに入ることが濃厚だが、注目はそれが25人に戻る2カード目以降。
    イチロー本人は50歳現役に意欲を見せており、マリナーズのジェリー・ディポトGMも、開幕戦以後もロースターに入る可能性を否定していない。
    一方で、母国・日本での開幕戦後に引退するのでは、と見る向きもある。

    その去就について注目を集めるイチローだが、地元メディア「ESPNシアトル」でコラムニストを務めるジム・ムーア氏は開幕戦後での“現役引退”を提言。
    「イチローは50歳までプレーしたいと発言し、マリナーズのジェリー・ディポトGMはイチローが最初の2試合の後もマリナーズでプレーする可能性を排除していない。
    私には理解できない。誰かが論理的根拠を説明しようとしたとしても理解したくない」とし、イチローが開幕2カード目以降もロースターに残ることに否定的な見解を示した。

    ムーア氏は日本で行われるアスレチックスとの開幕戦でイチローがロースターに入ることには賛意を示す。
    「日本で祝福を受けるため、シーズン最初の2試合でイチローをロースターに入れることは良い配慮である。
    日本での2試合では、マリナーズはロースターを25人から28人に拡大でき、イチローはその中に入るだろう。
    キャリアをスタートさせた日本で、素晴らしいキャリアを終わらせることは相応しいだろう」と記している。

    昨季は15試合に出場し44打数9安打、打率.205だったイチロー。
    ムーア氏はこの昨季の働きにも言及し「昨年イチローがマリナーズの怪我に見舞われた外野を助けるために復帰した時、上手くいかなかった。
    この44歳は44打数9安打とし、全てのヒットが単打であった。
    ディポトGMがすでに今年は再建のシーズンだと言ったように、マリナーズがプレーオフ進出を目指していないから関係ないと言う人もいるかもしれない。
    イチローが8打数無安打でマリナーズが東京での2試合に負けたとしても、大したことではないのではないか? それには賛成する。
    しかし、もしその次の試合となる3月28日のT-モバイルパークでのレッドソックス戦で、イチローがマリナーズのロースターに入っていたら、私は『よしてくれ、ジェリー!』と叫ぶだろう」とした。

    イチローのプレーや準備に注力する姿勢など、若い選手たちに与える影響の大きさを認めるムーア氏。
    「クラブハウスでの彼の影響力は分かっている。マリナーズが昨年彼をロースターから外した後に与えた“会長付き特別補佐”という役職で彼をキープすればいい。
    最初の2試合の後もイチローが現役選手でいるというナンセンスには賛成しない。マリナーズはどのみちプレーオフに進出しないだろう。
    チームが再建中のため観客数が減ると予想される中、イチローは観客を呼べる存在だろう。
    だが、時として、マリナーズは球団がどう見えているのか考えたことがあるのか疑問に思う。マリナーズのプレーオフ未進出期間はプロスポーツにおいて最長となる。
    正直、過去を振り返るのには飽きたし、イチローがいると、また2001年を振り返ることになる」と厳しく指摘している。

    2001年を最後に17年連続でプレーオフ進出を逃しているマリナーズ。
    それだけにムーア氏は「最盛期をかなり過ぎ、2023年…もしくは2027年、
    2030年にア・リーグ西地区で優勝した時にいない選手よりも、将来のプレーオフで活躍できる可能性のある選手が見たい」との思いを示す。

    「イチローからしてみれば、長い間プレーして素晴らしい成績を残した野球を諦めることが難しいことは間違いない。
    しかし、私からしてみれば、衰退するスーパースターよりも輝かしいスーパースターとして覚えていたい。
    私はイチローのことをヒットを打ちまくり、ほとんどの選手にとってはゴロとなる打球を内野安打とする選手として覚えていたい。
    またキャリアを傷つける選手を見たくない」と綴った同氏。果たして、イチローの去就はどうなるのだろうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15910933/
    2019年1月22日 22時34分 フルカウント

    【【MLB】イチローに引退“勧告” 米コラムニストが提言】の続きを読む

    1: 2019/01/22(火) 08:55:47.30 ID:fRuK1il19
    「日本は酷暑にやられ、大半の選手が本領を発揮できなかった」

    水曜日に行なわれたアジアカップのラウンド・オブ16。サウジアラビアに1-0で勝利を飾ったとはいえ、日本のよもやの大苦戦に海外メディアも驚きを隠せない。とりわけポゼッション率がサウジの76%に対して日本が24%という事実はショッキングだったようで、「想定外の展開だった」と見なす媒体が多い。

     そんななか、世界的ネットワーク『Fox Sports』のアジア版が、日本vsサウジ戦を多角的に検証。「5つのトーキングポイント」と題して特集を組んだ。

     同メディアがまず第一に挙げたのが「サウジの決定力不足」だ。「彼らは力強い日本を相手に臆せず果敢に打って出たが、最後のパスやシュートの精度がお粗末にすぎた。シュートはほとんどが枠に飛ばないかブロックされたのだ」と酷評している。一方で称えたのは冨安健洋の決勝ゴールで、「タケヒロ・トミヤスのヘディングは誰にも止められなかった。若きサムライはガク・シバサキ(柴崎岳)のコーナーを誰よりも高くジャンプして見事に合わせただけでなく、終始粘り強いディフェンスでサウジ攻撃陣の前に立ちはだかった」と褒めちぎった。

     前半は攻め込まれながらもチャンスらしいチャンスを与えていなかった日本だが、後半はみるみるうちに守備の連動性を欠いた。同メディアは「日本は酷暑にやられた」とし、「徐々に守勢のなかで体力を削られ、後半は大半の日本人選手が本領を発揮できなかった」と断じている。

     だが、圧倒的な攻勢に転じながらもサウジは1点が遠かった。『Fox Sports』アジア版は、アントニオ・ピッツィ監督がファハド・アルムワラドの起用にこだわりすぎたと指摘するのだ。「結果的にピッツィは、アルムワラドとの心中に失敗したのだ。本来ウイングである彼を最前線のターゲットに配したが、クオリティーは示せないままだった。サウジのストライカー不足は深刻である」と言い切った。

     そして最後に、「ベトナムは自信を持って日本に襲いかかる」という気になる見出しを付けて、こう論じている。

    「日本はサウジに勝利こそしたが、誰もが思い描いていたほどの力を差は見せつけられなかった。次なる(準々決勝の)相手、ベトナムは試合を観て手応えを感じたことだろう。きっと付け入る隙はある。パク・ハンソ監督と“金色の星の戦士たち”(代表チームの愛称)はおそらく、おそらくだが、アジアカップでもっとも成功しているチームを相手に勝機はあると踏んだのではないだろうか」

     凄まじい機動力と、どこからでも貪欲にシュートを撃ち込む積極性が売りのベトナム。森保ジャパンにとって厄介な相手となるのは間違いなさそうだ。

    1/22(火) 5:00 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00010000-sdigestw-socc

    【【サッカー】<海外メディア>サウジ戦辛勝の日本代表に「日本は酷暑にやられ、大半の選手が本領を発揮できなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ